精密治療

データにもとづいた精密な治療を実現するために

歯科治療では痛みの原因をつき止め、また事故を未然に防ぐために精密性が求められます。医師の経験や勘にたよらず、正確なデータにもとづいた治療はもちろん、手さぐりでなく、数ミクロンの患部をしっかり目視しながら治療を進めていくことが必要なのです。

駒沢大学駅前の歯医者「高野デンタルクリニック」では、確実な検査や正確な治療を行うために必要となる設備を整えています。当クリニックで安心・安全かつ確実な精密歯科治療をお受けください。

医療用マイクロスコープとは

医療用マイクロスコープとは、脳外科・心臓外科手術で欠かすことができない医療用の顕微鏡です。肉眼に比べ30倍もの拡大率を誇り、人間の目では見えない細部までも確認できるため、「精密な診断」および「確実な治療」を実現することができます。

確実な歯科治療を行うために欠かせない医療機器でありながら、マイクロスコープを採用している歯科医院はまだ少ないのが現状です。当クリニックでは、より精密に治療をおこなうことのできるバージョンアップしたマイクロスコープを新たに導入し、ドクター一人ひとりが使用できる数を確保しています。どのドクターが担当になっても、マイクロスコープを使った以下のような治療に活用していますので、安心して治療をおまかせください。

根管治療

歯根の中には根管(こんかん)と呼ばれる管があり、そのなかには歯の神経や血管が通っています。根管治療とは、虫歯が悪化して根管まで進行した場合に、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除き、内部をキレイに洗浄して薬剤を詰める治療です。

根管は大変細かく複雑な構造になっており、通常肉眼で見ることはできませんが、マイクロスコープを用いることで、しっかり目で確認しながら確実に治療を進められるようになります。

歯周病治療

当クリニックでは歯周病が悪化し、歯を支える顎の骨や歯肉が大きく吸収されてしまった場合に、失われた歯周組織を再生させる治療を行っています。再生を促す前には、感染部位の除去が必要になりますが、マイクロスコープを用いることで肉眼ではわからなかった感染部位を確認することができ、治療精度を高めることができます。

セラミック審美治療

審美治療では、銀歯をセラミックに取り替えたり、前歯部分を白いレジン(歯科用樹脂)で修復したりすることで歯を白く美しくします。これらの治療にマイクロスコープを用いることで精度が高まり、見た目をよりよく仕上げることができます。

患部を拡大して確認できるため歯を削る量が少なくなり、使用するセラミック素材の量を減らすことができ、コストパフォーマンスを上げることにもつながるのです。

歯科用CTとは

CTとは、コンピュータを用いて患部を詳細に撮影する機器のことで、歯科分野で用いられているものを歯科用CTといいます。当クリニックでは「Kavo(カボ)」製の歯科用CTを導入しています。

歯科用CTによって歯と骨の状態はもちろん、従来レントゲン撮影ではわからなかった神経の位置まで詳細かつ立体的に把握できるようになりました。インプラント治療や根管治療、また親知らずの抜歯など幅広い治療に応用でき、正確な診査・診断によって安全性の高い治療につなげることができます。

また、被ばく量は一般的なCTに比べて軽減されているため、患者様のお身体に負担をかけません。当クリニックでは治療の精度を高めるため、以下のような検査で歯科医療用CTを利用しています。

歯周病治療

歯周病治療では、歯根のまわりの顎の骨の状態を立体的に把握することができます。これによって顎の骨の吸収された範囲や、その状態なども確認できるため、より正確な診断をもとにした治療気計画の立案に役立ちます。

抜歯

親知らずなどの抜歯において、事前に歯科用CTで重要な血管や神経の位置、また親知らずの位置や向きなどを正確に把握することができるため、安全に抜歯することが可能になります。
※親知らず治療などにおいては、一部保険が適用されます。

インプラント治療

インプラント治療においては、事前にインプラントを埋め込む顎の骨の状態や神経・血管の位置などを把握することができます。これによってインプラント治療ができるか確認でき、また実際に埋入する位置や角度などを正確に決めておくことができます。

根管治療

根管治療においては、複雑な根管の形状を事前にくわしく把握でき、精密な治療の実現に役立ちます。また治療後にも、歯根がすき間なく充填されているかなどを確認するために利用しています。

35.63379682411937,139.6607225730163

高野デンタルクリニック

35.6342241,139.66065819999994