一般歯科治療

虫歯についてくわしく理解しましょう

虫歯は、成人の約9割が経験したことがあるといわれる身近なお口の病気。しかし、虫歯のことを正確に理解している方は、あまりいないというのが実情です。そのために、多くの方が虫歯の発症・治療・再発をくり返し、苦しまれています。

こちらでは、駒沢大学駅前の歯医者「高野デンタルクリニック」が虫歯についてくわしくご紹介します。正しい知識を得て、きちんと虫歯と向き合いましょう。

痛いと感じたら症状はかなり進行しています

虫歯とは、お口のなかに溜まったプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸をつくり出し、歯を徐々に溶かしていく病気です。初期には痛みなどの症状がないため、「痛い」と感じたときには、かなり進行してしまっている場合がほとんど。

そんな虫歯の治療は、「虫歯に侵された部分を削って、詰め物や被せ物で補う」というものが基本。この治療によって痛みはなくなり、虫歯の進行を止めることができます。しかし、虫歯治療によって削られた歯はダメージを受け、さらに再発のリスクを背負ってしまうのです。

再発によって新たに歯を削り、また再発して……ということをくり返せば、歯はどんどん小さくなり、最終的に失ってしまう可能性もあります。歯を虫歯から守るためには、早期発見・早期治療が大切です。「虫歯かな?」と感じたら、できるだけ早くご相談ください。

虫歯を放置してはいけません

虫歯は、風邪や腹痛などと違い、「しばらく様子を見ていたら治る」ということはありません。できるだけ早く適切な治療を行って進行を食い止めなければ、どんどん症状は悪化してしまいます。

痛みがなくても虫歯は静かに進行しています。そして悪化すればするほど治療は難しくなり、治療期間や費用、治療時の痛みなど、患者様のご負担は増してしまうのです。虫歯は、決して放置してはいけない病気ということをご理解ください。

「なるべく抜かない」を基本に、重度の虫歯にも根管治療で対応します

虫歯や歯周病の悪化などによって歯を失うと、空いてしまったスペースに隣り合う歯が倒れ込んでくるなど、歯並びを乱してしまう原因になります。歯並びの乱れはお口のなかだけでなく、顎や顔つき、また全身にまで悪影響を与えてしまうことがあります。重度の虫歯で「根」の部分だけしか残っていなくても、抜かずに残して治療したほうがいいのです。

当クリニックでは、重度の虫歯も「なるべく抜かない」ことを基本として、根管(こんかん)治療で対応しています。根管治療とは、歯のなかにある根管という細い管から、虫歯菌に冒されてしまった神経や血管を取り除いて内部をキレイな状態にして薬剤を充填する治療。根管は大変複雑で細かい構造なので難しい治療になりますが、根管治療によって歯を抜かずに残すことが可能です。

医療用マイクロスコープを使った精密治療

当クリニックでは、根管治療をはじめとする精密さが求められる治療に、「医療用マイクロスコープ」を用いています。マイクロスコープは、患部を約30倍にまで拡大して見ることができるため、根管内をしっかり確認しながら処置をすすめることが可能です。

以前は勘や経験に頼って行われてきた根管治療ですが、マイクロスコープを使えばより精密な治療を行うことができます。当クリニックでは、2名のドクターがマイクロスコープを1台ずつ使用することで精密な根管治療を実現し、患者様のご負担を軽減します。

マイクロスコープを使った歯を長生きさせる治療

マイクロスコープを使って虫歯の治療を行うことで、歯に与えるダメージを最小限に抑えることができます。まずは、マイクロスコープを使った虫歯治療と使わなかった(目視による)虫歯治療のイメージをご覧ください。

治療前 目視による虫歯治療 マイクロスコープを使った虫歯治療
虫歯_奥歯(上 虫歯_一般治療(上 虫歯_マイクロ治療(上
虫歯_断面図 虫歯_一般治療断面図 虫歯_マイクロ断面図
虫歯が歯の奥まで進行している状態です。 患部を見やすくするため、エナメル質を大きく削り、虫歯を除去します。 エナメル質を削る量を最小限にとどめ、虫歯に冒された患部を除去します。

マイクロスコープを使わずに虫歯の治療を行う場合、患部を見やすくするため、またインレー(詰め物)を取り付けるために歯を大きく削る必要があります。そのため歯の寿命に関わる歯表面にエナメル質が失われてしまいます。また、インレーに関しても保険治療だと金属製のため目立ってしまいます。

しかし、マイクロスコープを使った精密治療なら、歯を削る量を最小限にとどめることができ、大切なエナメル質を残すことが可能です。詰め物にも白いレジン(歯科用プラスチック)が利用できるので、銀歯のように目立ってしまう心配もありません。 ※相談のうえ、一部保険外の治療費をご負担いただく場合があります。

ラバーダムを用いたリスクの少ない治療

根管治療をはじめとした虫歯治療では、細菌を除去して確実に根管内を洗浄・消毒し、再発を防ぐことが重要です。しかし、治療中にだ液が削った部分に付着すると、ふたたび虫歯菌が増殖して治らなかったり、再発してしまったりするケースがあります。それを防止するために、当院では歯のまわりを「ラバーダム(ゴム製の防御膜)」で囲って再発のリスクを低減しています。

歯科医療に関心の高い欧米では、根管治療にラバーダムが積極的に利用されています。その結果、治療の成功率が大幅に向上したというデータがあります。

虫歯が神経まで達していても諦めません

虫歯が神経まで達してしまった場合、通常は虫歯に冒された神経や血管を取り除く「根管治療」を行います。しかし、虫歯が神経に達していても浅く、痛みがない場合は神経を残すことができるケースもあります。通常の根管治療に比べて時間はかかりますが、神経を残すことで歯の寿命をのばすことができるのです。当院では患者様の将来まで考え、重度の虫歯であっても積極的に「神経を残す治療」に取り組んでいます。

治療前の状態 虫歯の除去 貼薬
【治療前の状態】
神経まで冒されていても、まだ浅く、痛みがない場合には神経を除去せずに治療が可能です。
【虫歯の除去】
神経に接触している虫歯の一部を残し、残りの虫歯を完全に除去します。
【貼薬】
神経を保護するために薬剤を注入します。
仮封 再石灰化 リエントリー
【仮封】
再発を防止するために、削った部分に仮の蓋をします。

【再石灰化】
再石灰化可能な虫歯部分の象牙質が硬化します。
【リエントリー】
6ヵ月後に薬剤と残っている虫歯を除去します。最終的にレジン(歯科用プラスチック)で蓋をして治療完了です。

手後れになる可能性も? 治療を中断するのはとても危険です

治療中の歯は削られたりして弱点が見えている状態と言えます。ある程度まで進行してしまった虫歯は自分で痛みを感じづらくなっていることが多く、気付いた時には手後れということが起こりやすいため、治療を勝手に中断してしまうのはとても危険なことなのです。とくに精密さが求められる根管治療は「治療完了」となるまできちんと治療を受けましょう。

仮歯が入って中断したケース 歯を失ったが痛みがないため中断したケース
仮歯が入ると、ある程度噛めるようになることで、治療を中断してしまう方がいます。しかし仮歯はあくまでも「仮」のものであり、長く使うことはできません。

また歯の内部に細菌が入りやすく、虫歯を再発させてしまうこともあります。仮歯はズレやすいため、歯並びに悪影響を与えてしまうこともあるのです。
痛みがなくても、また奥歯などで目立ない歯であっても、歯を失ったら早く適切な治療で補うことが必要です。歯を失ったまま放置すれば、歯並びや噛み合わせを乱し、さらに顎や顔つき、全身にも悪影響を与えてしまうことがあるからです。

虫歯や歯周病の悪化などで抜歯をした際も勝手に治療を中断せず、最後まできちんと通院しましょう。

35.63379682411937,139.6607225730163

高野デンタルクリニック

35.6342241,139.66065819999994